知っとく!
アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の治療は、病気のタイプや重症度により異なります

アレルギー性鼻炎の主な治療方法は次の通りです。

アレルゲン(抗原)の除去と回避

鼻に入るアレルゲンの量を減らします。(くわしくはダニを減らす対策へ)

薬物療法

飲み薬や鼻に直接投与する噴霧薬など、さまざまな種類のお薬が用いられます。いくつかのお薬を組み合わせて使う場合もあります。

アレルゲン免疫療法

原因となっているアレルゲンのエキスを少しずつからだの中に入れてからだをアレルゲンに徐々に慣らしていきます。アレルゲン免疫療法には、「舌下免疫療法」と「皮下免疫療法」の2つの方法があります。(くわしくは次のページへ)

手術療法

基本的に鼻づまりの強い方に対して行われ、最近ではレーザー手術など、外来でできる方法もあります。

これらの中から、病気のタイプ(病型)や重症度、さらに患者さんのライフスタイルに合った治療法を医師が選び、治療を開始します。
また、いくつかの方法を組み合わせて治療を行うこともあります。

  • 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会:鼻アレルギー診療ガイドライン―通年性鼻炎と花粉症― 2016年版(改訂第8版), 2015, p. 37, ライフ・サイエンス, 東京
  • 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会:2016年版 アレルギー性鼻炎ガイド, 2015, pp. 10-15, ライフ・サイエンス, 東京