Mite Library

ダニアレルゲンは秋に増える

ダニアレルギーの原因とされるチリダニは、室内温度25℃以上、相対湿度60%以上の環境で繁殖しやすいといわれています。実際、家庭でのチリダニの数は、1年を通して夏に最も増えることがわかっています。

秋に入って過ごしやすい気候になると、チリダニの数自体は減少しますが、ダニアレルゲンの量はそれ以降も増え続け、秋にピークを迎えます。そして、真冬に向かって徐々に少なくなっていきます。

冬でもアレルゲンがなくなるわけではないので、ダニアレルゲン対策は年間を通して必要です。

家庭でのチリダニの数とダニアレルゲンの量(イメージ)

高岡正敏:鼻アレルギーフロンティア, 2002, 2(1), 40をもとに作図

  • 日本アレルギー学会:ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き, 2015, p. 11, メディカルレビュー社, 東京
  • 高岡正敏:鼻アレルギーフロンティア, 2002, 2(1), 40