Mite Library

チリダニの寿命は3ヵ月~1年

ダニアレルゲンとなるチリダニ(ヒョウヒダニ)には、ヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニといった種類のダニがいます。

これらのダニは20~30日で卵から成虫になり、高温の場合はより早く育ちます。チリダニの寿命は至適条件下では3ヵ月~1年で、雄よりも雌の方が寿命が長いといわれています。雌は通常、1日1~3個、多い時では7個の卵を産み、一生の産卵数は約80個と推定されています。

チリダニの至適温度は25~30℃ですが、至適湿度はヤケヒョウヒダニでは75%前後、コナヒョウヒダニでは65%前後と考えられています。そのため、チリダニの除去には部屋の湿度を50%、室温を20~25℃に保つよう努めることが望ましいとされています。

日本の夏は温度・湿度ともに年々上昇傾向にあり、最近の住居は機密性も高いので、換気や除湿はこまめに行いましょう。

  • 高岡正敏:ダニ病学 暮らしのなかのダニ問題, 2013, pp. 27-28, 東海大学出版会, 神奈川
  • 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会:鼻アレルギー診療ガイドライン ―通年性鼻炎と花粉症― 2013年版(改訂第7版), 2013, p. 38, ライフ・サイエンス, 東京